中耳炎(耳を触る・耳垂れが出る)

中耳炎は子供に多い

中耳炎は、小さなお子さんにとってとても身近な耳の病気です。中でも0~2歳の乳幼児によく見られます。 小学校に上がるまでに6~7割のお子さんが一度は経験します。放置してしまったり、見逃してしまったりして受診が遅れると、慢性化・重症化することもあります。 中耳炎の症状に気がついたときには、できるだけ早く、適切な治療を受けさせてあげましょう。

子供が中耳炎になりやすいわけ

鼻の奥と中耳とをつなぐトンネルを「耳管(じかん)」と言います。
お子さんは、大人に比べてこの耳管が太く、また水平に近いため(大人の場合は中耳に向かって急な登り坂になっています)、喉からの細菌・ウイルスが簡単に中耳に侵入してしまい、炎症を起こして中耳炎となります。

風邪と思っていたら実は中耳炎!?

中耳炎の症状として、耳の痛み、発熱、耳だれなどが挙げられます。 ただ、耳が痛いことをお母さん・お父さんに言葉で伝えられない乳幼児の場合や、痛みがそれほど強く現れない場合などに、風邪と勘違いして様子見に留め、受診が遅れてしまうことがあります。 もちろん、当院を受診された場合にはその両方を疑った上で診断いたしますが、お母さん、お父さんにもその点をご承知いただければと思います。「熱がある=軽い風邪だろう」と自己判断せず、できるだけお早目に医療機関を受診するようにしましょう。

このようなサインがあれば中耳炎の可能性が…

次のような症状、仕草、状態などが見られましたら、中耳炎を疑ってみる方が良いでしょう。特に、耳の痛みを大人に伝えられない小さなお子さんは注意をしてあげてください。

  • 高熱が下がらない
  • わけもなく不機嫌な状態が続く、泣き止まない
  • 耳を気にして触っている
  • 耳を触られると嫌がる

子供が中耳炎になった時は急性中耳炎や滲出性中耳炎の可能性が

急性中耳炎

鼻や口から侵入した細菌・ウイルスが、耳管を通して中耳で感染を起こし、発症します。

急性中耳炎の症状は?
  • 耳の痛み
  • 発熱
  • 耳だれ
  • 耳の詰まった感じ
急性中耳炎の治療

軽症の場合は、まず鎮痛薬を使用した後、状況を見て抗生剤を投与するかどうかを判断します。中等症、重症の場合には、基本的にすぐに抗生物質を使用して治療します。
抗生剤での治療で効果が期待できない場合には、鼓膜切開が行われます。切開した鼓膜は、数日間で元通りに再生します。

滲出性中耳炎

喉の奥と中耳をつなぐ耳管が正しく機能せず、中耳内の圧力が低下することで、まわりの組織から液体がしみ出てくる病気です。液体(滲出液)が溜まることで、難聴などの症状が現れます。

滲出性中耳炎の症状は?
  • 難聴
  • 耳の詰まった感じ
  • テレビの音が以前より大きい
  • 呼ばれたときに反応がない
滲出性中耳炎の治療

滲出性中耳炎の治療法は、未だ確立されていません。
お子さんの場合は、3カ月程度経過観察し、定期的に鼓膜の状態や聴力をチェックします。言葉や学びに影響があると判断した場合には、鼓膜チューブ留置術が行われることもあります。
鼓膜チューブ留置術とは、小型のチューブを切開した鼓膜に差し込み、中耳の内と外の圧力を等しくするとともに中耳の換気を促す手術です。
耳鼻科へ紹介となります。

中耳炎のQ&A

子供が夜中に耳が痛いと言うのですが、中耳炎でしょうか?

夜中に突然耳が痛い! と訴えたり泣き出すときは急性中耳炎の可能性があります。
そういったお子様の様子を初めて見たお母さん・お父さんは驚くことと思います。最近はそういったときに「急性中耳炎かも」とピンとくるお母さん・お父さんも増えています。意外と知られていないのが、「慌てて受診しなくても大丈夫」ということです。もちろんかかりつけ医が診療時間内であれば受診していただきたいのですが、夜間など、ご自宅で応急処置によって痛みを取ってあげることができれば、翌日に受診しても構いません。
ご自宅でできる応急処置をご紹介します。冷やしたタオル、冷却シートなどで耳を冷やすと、痛みが引いて多くの場合、泣き止んでくれます。耳だれが見られるときは清潔なタオルで拭き、もしあれば綿球や脱脂綿で耳だれが流れないように耳の穴を塞ぐようにテープで軽く留めてあげてください。綿棒などで中まで拭く必要はありません。また、子供用の解熱鎮痛剤があれば使用すると良いでしょう。ただし、必ず子ども用のものを飲ませるようにしてください。

保育園・幼稚園・学校には登園していいのでしょうか?

中耳炎がまわりの子にうつることはありません。ただ、その原因となっている細菌・ウイルスをうつしてしまうことはありますので、発熱・耳の痛み・耳だれなどの症状があるうちはお休みしましょう。
登園・登校の再開のタイミングにご不安がある場合には、かかりつけの先生に相談すると良いでしょう。

お風呂やプールに入ってもいいですか?

高熱、耳の強い痛みが治まれば、お風呂は入ってくださって結構です。洗髪も構いません。
プールの水には塩素が含まれていますので、耳の粘膜が刺激され炎症が悪化・再発してしまうことがあります。症状の回復の程度に関係なく、医師の判断があるまでは入らないようにしてください。

中耳炎を予防するには?

鼻吸引

鼻吸引によって鼻の粘膜・細菌の状態を整えることで、耳管の機能が改善され、中耳炎を予防する効果があるとされています。 当院での鼻水吸引器を置いておりますが、そう頻繁に通院されるのも難しいかと思います。市販の鼻吸い器をご自宅で使用されることをおすすめします。ドラックストアや薬局などで、数百円~数千円のものが販売されています。 ※鼻水の分泌は、身体の防御機能です。出てきたからといってそのたびに吸引することで、逆効果となることもありますので、ご注意ください。お一人お一人に合った吸引の頻度をお伝えします。

一番上に戻る
TEL:06-6499-1000TEL:06-6499-1000 WEB予約WEB予約 オンライン診療オンライン診療
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE
  • Twitter